ドイツ

トーマス・マンが1930年代にわずか3回の夏を過ごした別荘の話

// 1929年の夏、トーマス・マンはバルト海に面するクルシュー砂州の田舎風景に心を奪われた。 そしてこの地にある漁村「ニダ」に、マンは別荘を建設することになる。 しかしマンとその家族がこの別荘で過ごした夏は3回だけであった。 ナチによる迫害のために…